こんばんは、燃えPaPaです。

こちら、今回は和食の丼物で、ややマイナーな、
かまぼこを主体に使った丼物、木の葉丼のご紹介です。

木の葉丼とは、関東あたりではやや珍しいですが、以下のような特徴を持った丼物です。
---
木の葉丼(このはどん、このはどんぶり)は薄く切った蒲鉾と青ねぎを鶏卵で綴じた丼物である。蒲鉾とねぎ以外にはシイタケやミツバ、タケノコなどを入れることもある。石川県ではこれを玉子丼と呼ぶ飲食店が見られる。
名前の由来は、具材を舞い散る木の葉に見立てたもので、近畿地方の発祥である。
参照:wikipedia
---

関東あたりでは珍しい反面
西日本や、特に近畿周辺では、街中の定食屋さんや、
丼物も充実しているうどん屋さん、蕎麦屋さんなどにも普通に置いてあります。

材料が安価で、売値も安いですが、おいしいかまぼこ料理のひとつで、
決してあなどれません。
材料的に、各家庭でも作れるのがうれしいです(味の決め手のつゆまではお店にはかないませんが)。

燃えPaPa