丼物グルメブログ

日本にある、お米とおかずのおいしい融合、丼物、について、おいしい各種メニューをご紹介していくブログです。

おいしい鶏肉どんぶりの親子丼

こんばんは、こうちゃんです。

今回は、鶏肉と卵を使った定番丼ものでありながら、絶品で、
今も昔も愛される親子丼をご紹介。

親子丼(おやこどんぶり、おやこどん、英語:Chicken and Egg Bowl)は、割下などで煮た鶏肉を溶き卵でとじ、白飯の上に乗せた丼物の一種である。「親子」という名称は鶏の肉と卵を使うことに由来する。
ネギやタマネギなどと共に煮て、彩りとしてミツバやグリーンピース、刻み海苔などを飾ることが多い。

鶏肉と鶏卵以外を材料とする丼の中にも「親子丼」と称する料理がある。

250px-Oyakodon_003


割り下のうまさや半熟でトロトロの卵が鶏肉とからむとたまりませんよね。
家庭で自家製の工夫で作るもよし、お店のおいしい技を楽しむもよし、ですよね。
材料も安価で作れるのがうれしいです。

食材にこだわりぬいた高級親子丼がお店などで売られていたり、
安価なお肉と卵で家庭で作られていたり、
なかなかおもしろいメニューのひとつです。

こうちゃん

シンプルで自炊の味方ちくわ丼

こんばんは、こうちゃんです。

今回は、和食の丼ものですが、ちょっと世間でも知名度の低い、
やや特殊丼もののご紹介です。

ちくわ丼

聞くと、まあちくわとごはんの丼なのだろう、とはなるでしょうけど、
実際には、お店で出ていることはまずないですし、家庭でよく作る、なんてところもないですよね。

さて、この奇妙?なちくわ丼、家族で暮らす家ではなかなか見られませんが、
時折一人暮らしの自炊に登場したりしています。

作り方は至ってシンプルで、味付けをしたちくわをごはんを盛った丼に乗せる、
ただそれだけです。
ただ、内容の方には色々と工夫もできて、
単純に熱々ごはんの上にちくわを乗せて、ネギなどの薬味などを乗せつつ、
何かだしつゆやタレをかけるものや、
ちょっと豪華にいくならば、香ばしいちくわの揚げ物の、
磯部揚げにして、軽く天丼風にする、なんてのもひとつの手です。
材料としては格安でできますので、
ちょっとした貧乏メシとしても工夫して楽しめてよい丼もののひとつです。

なお、そんなちくわ丼を紹介するまとめ

え?ちくわがご飯の進む丼物に!?ちくわ丼

なんてのも作って楽しんでおりますので、
よろしければあわせてご覧になってみてください。
意外と奥の深いちくわ丼の世界に触れてみることができるかと思います。

こうちゃん

魚介のうまさを堪能!海鮮丼

こんばんは、こうちゃんです。

海鮮好き日本人好みのおいしい丼物、海鮮丼です。

必ず、とまでは言いませんが(生もの苦手な人もいますし)、多くの人が好み、具材次第でいくらでも豪華に作れるすばらしい丼物、海鮮丼のご紹介をば。

海鮮丼(かいせんどん)とは、白飯の上に魚介類の刺身などを盛りつけた丼物料理。
戦後に誕生した料理で、北海道、東北など北日本から全国に広まった。江戸前のちらし寿司から派生したものという説もある。
江戸前寿司におけるちらし寿司は、酢飯に握り寿司用の種を飾り乗せした料理であるが、海鮮丼は一般に酢を加えない温かい白飯を台とする。ただし酢飯を用いたものを海鮮丼と呼ぶこともあり、両者の区別は曖昧である。
また寿司屋ではなく海産物中心の食堂や海鮮料理店で出される料理であるため、ちらし寿司とは異なり寿司屋独特の仕事を施した種は用いられない。よく使用されるのはマグロ、ホタテ、サーモン、イカ、エビ、タコ、カニ、イクラ、ウニなどの北日本で水揚げされる魚介類の刺身である。
参考:wikipedia

家庭ではなかなか作りませんが、刺身を出す居酒屋さんのメニューであったり、
夜の宣伝のために海鮮自慢のお店がランチで出していたりして、
魚介好きの人の舌をうならせてくれるすばらしいメニューです。

北海道などの魚介のおいしい観光地では、ウニやいくらをふんだんに乗せて高級にしたものもあれば、
シンプルめに作り500円のワンコインランチで売りにしている場所などもあり、
幅広くみられるおいしい丼物です。

しっかり盛られたお刺身などは買っても高いですが、スーパーなどで割と安く売っている、各種お魚の切り身やサクを買って、自分で薄切りにして丼に並べて作れば、家庭で作れる丼ものとしては割とお安くも作れますので、自炊で楽しめる丼もののひとつでもあります。

魚介好きの方はぜひお試しくださいませ。

こうちゃん

シンプルながらおいしい目玉焼き丼

こんばんは、こうちゃんです。

今回は、日本人の好きな卵料理のひとつで、シンプル極まりない目玉焼きを使った丼物
目玉焼き丼のご紹介です。

Medamayakidon_20120814

目玉焼き丼(めだまやきどん)とは、飯に目玉焼きを載せた料理である。

作り方は至って簡単で、目玉焼きをご飯を盛り付けた器に載せて、調味料で味付けするだけである。基本的な材料が鶏卵・米・調味料のため、非常に安価に料理を作ることができる。

レシピの自由度が高く、通常の目玉焼きの他にバリエーションとして ベーコンエッグやハムエッグにしたり、他の具材を入れた目玉焼きにしたり、盛り付け時にトッピングを載せたり、敷いたり、散らしたりする。
参考:wikipedia

家庭で簡単に作れて、ごはんと卵があればおいしい食事になりますので、
卵かけごはんと並んで、シンプル節約メシになります。
実際、簡単料理のひとつではありながらも、かけるタレも普通の目玉焼き同様、
醤油でも、塩でも、ケチャップ、マヨネーズ、はたまた麺つゆ、なんでもござれで、
さらに、小葱とかゴマとか、ショウガとか、薬味にも色々工夫する楽しみもありますし、
自炊料理の中でもかなりバリエーション豊かで楽しいのではないでしょうか。

なお、そんな目玉焼き丼を

シンプルながら美味の詰まった目玉焼き丼

でまとめていたりもしますので、
レシピ等参考になるかと思いますので、
よろしければこちらもご覧になってみてください。
外食などではまず見かけることのない丼もののひとつですが、奥が深くて楽しいです。

こうちゃん

しらす丼

こんばんは、こうちゃんです。

今回は、海鮮好きの人に好まれ、漁港、海沿い観光地などで人気の、
しらす丼
のご紹介です。

獲れたて新鮮なしらすをごはんに乗せ、薬味をかけ、醤油かポン酢をかけ回すと絶品生しらす丼になります。
また、ゆでたてのしらすを乗せたしらす丼や、
茹でたしらす、生しらすを半々で乗せた二色丼など、
様々なしらす丼が存在します。
生のしらすは大変鮮度が落ちやすいので、生しらす丼というと、
ほぼ漁獲される港近くや海沿いのお店に限られています。

そう食べられるものではないですが、絶品なので、海の方へ遊びに行った際などに、ぜひ食べたい一品です。
関東圏では、江ノ島ですとか、他にも静岡の沼津漁港の近辺などでは、常時提供されている、名物の絶品丼ものですので、ご旅行の際などに、お店で見かけましたらぜひお召し上がりください。
たまにしか食べられないレア丼ものながら、ファンも多く、ハマりやすい味わいです。

こうちゃん

あけまして

おめでとうございます。

本年もよろしくお願いいたします。
燃えPaPaです。

昨年中はお世話になりました。
まだまだ記事量も少ないブログですいませんが、
今年もみなさまに有益な記事をお送りできるようがんばりますのでどうぞよろしくお願いいたします。


燃えPaPa

本年も

年の瀬のお忙しいところ失礼します。
こんばんは、こうちゃんです。

とうとうなんやで年末になってしまいましたね。
まだ丼ものブログにしてから、ほとんどメニュー紹介の増えていない状態ですいません。
そんな中でも、ここまでご覧になってくださっていた方、本年もありがとうございました。
アクセス解析などを眺めていて、時折みなさまの訪問がありますと、本当に励みになります。
もしよろしければ、見捨てず、来年もよろしくお願いいたします。

と言いつつ、すいません、まだ本題の丼物の話題、レシピ紹介少ないですね。
来年こそはがんばります

基本的には、ゆっくりではありますが、
完全に記事を絶やすようなことのないように善処します。

それでは、来年もまたどうぞよろしくお願いいたします。

こうちゃん
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

スポンサーリンク